地球環境 解決策を与える企業の環境機器 環境経営事例一覧
地球環境保全・エネルギーなどの技術を紹介しています。
 暮らしの利便性を求めることと、地球・生物環境に負担をかけることは二律背反的なジレンマが伴います。  最適なバランスは追求し続けてこそ意味があるのかもしれません。  ここでは、各企業の発行するCSR報告書とは異なった視点で、取り組みや技術的な提言、また、具体的なメソッドや有用な機器について語り、もしくはプレゼンテーションされています。
環境分野 関連サービス
エネルギーソリューション、スマートエネルギー
持続可能な社会のために、エネルギーの側面から私たちの生活を支える企業のソリューション提言です。 CO₂など温暖化ガス削減はさることながら、コストやリスクとの付き合いも大きなテーマです。 また、エネルギー効率の最適化には、都市単位などのエリアコミュニティの次元で考える概念も未来志向といえるかもしれません。
素材企業における環境共生技術と取り組み事例
マテリアルは人と地球の中間にあります。すなわちマテリアルの進化は人の快適性と地球環境の保全のバランスにもっとも恩恵を与えるテクノロジーでしょう。
環境分析
目に見えないもの、目に見えているがその影響を数値的に知ることは最も重要です。 大気など空間や水質など環境計測に対する分析メーカー各社からの提言です。
フィンテック×環境負荷軽減
新しい機器がエネルギー効率に勝ることは当然ですが、設備の入れ替えにはコスト負担が大きいのも事実です。それを解決しリプレースの後押しをしてくれるのがリースなど金融の力です。効率の良い設備は省エネ型でエネルギーコストを下げてくれる実質的な収益メリットもあり、金融と省エネは親和性の高さ提案しやすさがうかがえます。 補助金申請のアドバイスなどソフト面においても金融機関の活躍の幅は広いです。 また、地球規模のソリューションとしてはカーボンオフセットなども金融工学の力があってこそ。
森林保全、木材有効活用、環境共生
木は伐らないことがとりもなおさず環境保全であるということはありません。 森林も資源です。森林資源は適切に利用され、資源としても管理されることが それもまた循環社会の一形態を構成します。
住宅メーカーの技術と環境共生住宅
環境負荷低減だけでなく、健康で地球に負荷をかけない生活、スマートシティなどのコミュニティ共生概念による、環境負荷の低い都市の創造などが住宅メーカー各企業からの提案として紹介されています。
水質・土壌対策
人の生活だけでなく、生きとし生けるものが健康に共生できる環境を保つことは最も基本的な考え方です。 その基本が水であり、水の浸み込む大地でしょう。
リサイクル・廃棄物対策
また使えるように再生される。理想的な消費社会の形です。 その理想にもさまざまな企業の努力と叡智があります。
環境機器
真摯なモノづくり技術と地球環境保全に思いをはせる心、その思想に基づいた環境浄化機器。 具体的な商品紹介としてどんどん更新されてゆくコーナーです。